建築基準法における道路の扱い

建築基準法では幅員が4メートル以上のものを「道路」として規定しています。
つまり、幅4メートル以下のものは、法律的な意味で道にはあたらない、ということになります。
ただし、特定行政庁が指定した場合については、4メートル以下の幅であっても「道路」と見なされることになります。
この場合、道の中心線から水平距離にして2メートルの線が境界線とみなされ、新築や建て替えのさいには、境界線まで後退した位置に建物を建てることが決められています。
これを「セットバック」と呼びます。
また、建築物の建築や建て替えをするために、敷地は原則として建築基準法上の道路に2メートル以上接していなければならないとされています。
これは、火災などの災害が起こったさいに、安全に避難することを目的としています。
それゆえに、自動車専用道の場合は、この規定の例外として扱われます。
なぜなら、自動車専用道の場合、かえって避難のさいの危険が高くなるからです。

sabu用置換

Copyright© 法律 道路 All Rights Reserved.

建築基準法における道路の扱い