都市計画に関する法律

都市開発をすることで街はより住みやすい場所に発展することができます。
ですがこのような開発をするときには必ず守られなければいけない法律もあります。
それが都市計画に関することを定めた法律です。
それらの法ではどのような土地においてどのような建物が建設できるのかということがしっかりとした基準によって定められています。
法の中で規定されている一定の基準を満たしていないような土地においては、特定の建物を建てることはできません。
このような規制がされていることにはしっかりとした理由があります。
それは市民おのおのがそれぞれ自分の目的のために好きな建物を建設してしまうと、都市の発展という目的が阻害されてしまうことがあるからです。
都市の健全な発展のためにはバランスの良い開発が必要になります。
だからこそ計画的な開発が必要になり、そのために土地の利用においても一定の制限が必要になるのです。
それにより結果的には市民にとって住みやすい都市が実現できます。

sabu用置換

Copyright© 法律 都市計画 All Rights Reserved.

都市計画に関する法律